FC2ブログ

ユウウツユキダルマ。

溶けるのを憂いてしまったスノーマン。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

しんやあそび。(10月)

剃刀を あてた手首に 白い露

人の皮 かぶりて遊ぶ 獣の子

心が可憐に死んでいく夜
スポンサーサイト
  1. 2011/10/31(月) 23:59:59|
  2. 俳句
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葬心

心は可憐に死んでいく
薔薇が花弁を落とすやうに
椿が首からぽとりといくやうに
生き急ぐやうに死んでいく

僕の心を弔いませう
黒い喪のいろ身につけて

僕の心を弔いませう
黒い百合を傍らに

僕の心は死にました
儚く静かに死にました

僕の心を弔いませう
たつた一人の葬列で


[追記]
黒百合の花言葉は、
恋と呪い です。
  1. 2011/10/31(月) 21:54:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

jewel-emerald-

宝石を割つた
きらきらひかるまあるい緑の
宝石を割つた 割つてしまつた
飛び散つた欠片は まだきらきら光つている
僕はそれを宝物のように一つ一つ拾つて
泉の水を掬つて飲むやうに
口の中へ流し込みました

(しかし、考えてもみたら、宝石は硬いから割れるはずがないのです だからつまり、結局それは偽物だったのでせう。)

  1. 2011/10/30(日) 23:21:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

HAPPY HALLOWEEN?

真っ赤な爪した痩せぎすの魔女
箒に跨がり飛んでった
黒いレースが風に舞う

土から出てきた骨の男が
狼男と酒を飲む
とくんとくんと骨から滴り
赤い色して地に消える

かぼちゃのお化けはまだ来ない

真っ赤な紅した淫らな悪魔
男に跨がり笑ってる
高い嬌声つくりもの?

水から出てきた虚ろな人魚
小人と一緒に歌ってる
ぽたりぽたりと涙が落ちて
月を映して地に消える

かぼちゃのお化けはまだ来ない
  1. 2011/10/28(金) 21:09:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

box room

窮屈な箱(へや)のなか
雨が止むのをまっている
畳んだ羽は水を含んで重く
髪から滴る水で体が震える

しかし僕らはまだ気づかない
雨が止んでも、還る場所も飛び立つ場所も何処にもないのだと
  1. 2011/10/28(金) 11:36:27|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

灰羽連盟


見ました。
テスト期間中の気分転換に。

街のレトロな雰囲気が好きだった。
世界観が好きだった。

礫が一番好きだけど、次は実は眠かもしれない。

灰羽は、礫の話を聞くと生きることに疲れちゃった子がなるのかなーとか思った。

原作になった同人誌も見てみたいな。今からでも買えるかな?
世界観の着想を得たらしい、村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」は借りてきたんだ。楽しみだ。
  1. 2011/10/26(水) 03:15:26|
  2. 感想(アニメ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふゆのよる


ふゆのよるに一人で散歩する
そこにあるのは控えめな星空と、街の明かりと、僕の存在する音だけ
まるで僕がこの世界に一人取り残されたみたいで
とても寂しいけれど
どこか少し安心するんだ
吐く息が、どこまでも白い
  1. 2011/10/24(月) 18:44:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

どんより曇天。


絶賛メランコリィ。
死にたい気分だが、今自殺しても自殺にはなれないから死ねないなあ、なんて。

現実の僕は馬鹿だ。
もっと上手に生きられたら楽なのに。
つらいつらい、とじくじくしくしく。
うじうじ泣いて、思い込みで言いくるめた心でもがいてもがいて。

何度自分に騙された?
期待しちゃいけない、どうせうまく行かないんだから。
初めから、生まれて来る時すら間違えたんだから。
仕方ない。
  1. 2011/10/14(金) 18:45:49|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

lost


僕は僕であるための、大切な要素を無くしました。

一つはことば、
二つはこころ、のこりひとつはあなたです。
  1. 2011/10/14(金) 07:20:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

疲れに浸かる


試験前だ。
いろいろと鬼だ。
頑張るけど。

勉強は頑張れば成果が出るから良いが、人間関係はそうはいかない。

自分という存在は、いてもいなくても変わらない、という確信。
死のうが泣こうが喚こうが、きっとだれもが僕の脇を通り過ぎて行くだろう。

誰かの何かになれたらいいのに。なんちゃって。

  1. 2011/10/13(木) 22:19:07|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さかさま世界史 英雄伝/寺山修司


エジソンの話を読んで、自分の子供時代を思い出した。
ビデオの構造を全く知らなかった僕は、ビデオを再生するごとに毎度毎度声優達が演技させられていると思っていたのだ。

二宮尊徳や孟子との会話は秀逸だと思う。
僕達は教科書や伝記が正しいと信じているけれど、視点を変えたら彼等は酷く人生を損しているのだ。

そしてそれは、僕も同じだ。
歩きながら、景色に目を向けることがどれほどあるだろう。
振り返ってみると、何時だって目はし下に向けられている。

もう少し、削った時間に目を向けるべきなのかもしれない。

  1. 2011/10/08(土) 07:48:11|
  2. 感想(本)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海が女の子の涙なのだとしたら。


僕が海を全部飲み干せば
君の泪は乾くだろうか。

僕が海を全部飲み欲せば
君は笑ってくれるだろうか。

  1. 2011/10/06(木) 06:52:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

少年よ我に帰れ

ノルニル/少年よ我に帰れ 購入。


remix→通常 の順番で聴くという愚行。
両方ともよかった。
ノルニルはちょっとウテナを彷彿とさせるとこもあった。
「革命前夜」とか「少年少女の黙示録」とか。



オープニングの映像がどう変わるのか、楽しみだ。
  1. 2011/10/05(水) 20:20:08|
  2. 感想(音楽)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初。

今日から日記とか、いろいろ書き始めようと思う。

初めてって何書いたら良いんだろう。
まあいいや、おやすみなさい。
  1. 2011/10/04(火) 23:59:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。