FC2ブログ

ユウウツユキダルマ。

溶けるのを憂いてしまったスノーマン。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さかさま世界史 英雄伝/寺山修司


エジソンの話を読んで、自分の子供時代を思い出した。
ビデオの構造を全く知らなかった僕は、ビデオを再生するごとに毎度毎度声優達が演技させられていると思っていたのだ。

二宮尊徳や孟子との会話は秀逸だと思う。
僕達は教科書や伝記が正しいと信じているけれど、視点を変えたら彼等は酷く人生を損しているのだ。

そしてそれは、僕も同じだ。
歩きながら、景色に目を向けることがどれほどあるだろう。
振り返ってみると、何時だって目はし下に向けられている。

もう少し、削った時間に目を向けるべきなのかもしれない。

スポンサーサイト
  1. 2011/10/08(土) 07:48:11|
  2. 感想(本)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<疲れに浸かる | ホーム | 海が女の子の涙なのだとしたら。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://melancholicsnowman.blog.fc2.com/tb.php/4-0b815e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。